米作り・飯盒炊飯

バケツの稲も、とうとう食べる日が来ました。DSCN1355 DSCN1356 DSCN1357 もみの脱穀・精米と段々、量が少なくなってきましたが、

その分一粒でも大切に扱う子ども達です。DSCN1364 DSCN1365

ほかのお米と一緒に研いで、おやつの時間を待ちました。

本日のメニューは、竹の中に入れて炊いた、炊き込みごはん・はんごうで炊いた白飯・災害時に利用する炊飯袋の白飯にいりこの佃煮です。

松明から、薪に点火、炎の激しさにビックリする子もいましたが、「もえろよ~」の歌を歌いながら出来上がりを楽しみにしていました。

(保育士は、無事出来るか心配をしながら、火の番ですが)

 

DSCN1394DSCN1391DSCN1390DSCN1385DSCN1381DSCN1400DSCN1383DSCN1396DSCN1395DSCN1388

次回は焼き芋の予定です。